エルメス

エルメスの逸品 バーキン&ケリー 〜 由来・違い・人気の理由を徹底解説

世界的に人気を誇る高級ブランド、エルメスの代表作”バーキン”と”ケリー”。その2つのバッグは誰もが一度は憧れる逸品ですが、その由来や歴史、違いなど、詳しい情報を知る機会は少ないかもしれません。本ブログでは、バーキンとケリーの魅力に迫るとともに、価値や入手方法についても詳しくご紹介します。ファッション好きの方も、投資の視点でお考えの方も、ぜひ参考にしてみてください。

1.バーキンとケリーの由来と歴史

fashion

エルメスのバッグであるバーキンとケリーは、それぞれ独自の由来と歴史を持っています。

1.1 バーキンの由来

バーキンは、女優や歌手、モデルとして活躍したジェーン・バーキンに由来しています。ジェーン・バーキンはイングランドのロンドンで生まれ、フランス人アーティストと結婚し、世界的に有名な人物となりました。

バーキンの誕生は、偶然の出会いがきっかけとなりました。ある飛行機の旅で、ジェーン・バーキンがエルメスの5代目社長であるジャン・ルイ・デュマと隣り合わせになった際、彼女が詰まったバスケットを持っていたことに気付いたジャン・ルイ・デュマは彼女のために特別なバッグを提案しました。

バーキンは、ジェーン・バーキンにちなんで名付けられ、1984年に発表されました。元々はエルメスが既に発表していたバッグ「オータクロア」を基にデザインされ、普段使いからフォーマルな場にも使えるような容量とデザインが特徴となりました。

1.2 ケリーの由来

ケリーは、エルメスの4代目社長であるロベール・デュマによってデザインされ、元々は「サック・ア・クロア」という名前で発表されました。しかし、アメリカで人気絶頂の女優であり、モナコ公国の王妃となったグレース・パトリシア・ケリーの存在から、「ケリー」と呼ばれるようになりました。

グレース・パトリシア・ケリーは、ケリーを持ってお腹を隠している姿がパパラッチによって写真に撮られ、さらに有名になったことから、エルメスはバッグの名前を「ケリー」と改名しました。

バーキンとケリーの由来は異なりますが、どちらも有名な人物にちなんで命名されたことが特徴です。これらのバッグは、歴史的な背景や人物の物語がその魅力の一部となっています。

2.バーキンとケリーの違い

handbags

バーキンとケリーはエルメスの代表的な商品であり、多くの共通点がありますが、さまざまな違いも存在します。

2.1 由来の違い

まず、バーキンとケリーは由来が異なります。ケリーは女優のグレース・ケリーにちなんで名付けられ、エルメスが正式に許可を得て命名されました。一方、バーキンはイギリス人女優・ジェーン・バーキンへのプレゼントをきっかけに作られ、一般に販売されることになりました。

2.2 サイズ展開の違い

バーキンとケリーのもう一つの違いは、サイズ展開です。ケリーは15cmから50cmまでの8種類のサイズ展開がありますが、バーキンは25cmから55cmまでの7種類のサイズ展開があります。ケリーは小さなサイズから大きなサイズまで展開されている一方、バーキンは大きめのサイズが中心です。

2.3 デザインの違い

デザインにおいても、バーキンとケリーには違いがあります。ケリーはハンドルが1本で、内縫いと外縫いの2種類の裁縫デザインがあります。また、外側にポケットが付いています。一方、バーキンはマチ幅が広く、ハンドルが2本付いています。さらに、バーキンにはショルダーストラップが付属していないため、ハンドバッグとして使用することが一般的です。

2.4 内観の違い

バーキンとケリーの内観にも違いがあります。ただし、大きな違いはありませんが、ケリーのほうが内側にポケットが付属しているため、収納力が高いと言えます。

2.5 機能性や使い勝手の違い

最後に、バーキンとケリーの機能性や使い勝手にも違いがあります。ケリーは、サイズ25以上ではショルダーストラップが付属しており、手をふさがずに持ち歩くことができます。また、ショルダーストラップが付いているバージョンのケリーは肩掛けカバンとしても使用できます。一方、バーキンはマチ幅が調節できるようになっており、荷物の収納に便利です。

以上が、バーキンとケリーの主な違いです。バーキンとケリーは、それぞれ独自の特徴を持っており、用途や好みによって選ぶべきバッグが異なります。自分に合ったバッグを選ぶためには、これらの違いを理解することが重要です。

3.人気の理由

luxury

バーキンとケリーが人気を集める理由は様々あります。以下では、その主な理由をご紹介します。

3.1 ブランドの魅力

  • エルメスは高級ブランドとしてのイメージがあり、そのブランド力がバーキンとケリーの人気につながっています。
  • エルメスのバッグは職人による手作りで、高品質な素材と丁寧な仕上げが特徴です。
  • バーキンとケリーは限定生産されており、希少性が高いことも人気の一因です。

3.2 デザインの魅力

  • バーキンとケリーはどちらもシンプルで上品なデザインが特徴です。
  • 形状やサイズ、持ち手のデザインなど細部にまでこだわりが感じられます。
  • さまざまな色や素材の組み合わせが可能なため、個性的なバッグを作り上げることができます。

3.3 機能性と収納力

  • バーキンとケリーはどちらも収納力があり、普段使いに適したバッグです。
  • バーキンは特に広い収納スペースがあり、多くの荷物を収納することができます。
  • ケリーはコンパクトなサイズながらも効率的な収納スペースを備えており、必要なアイテムをスマートに収納することができます。

3.4 資産価値のある投資品としての魅力

  • バーキンとケリーは限定生産という希少性があり、入手困難であるという特徴があります。
  • これにより、中古市場では高値で取引されることが多く、資産価値のある投資品としても注目されています。
  • 特に状態の良い中古品は価値が上がることが多く、数十年以上経っても需要があると言われています。

これらの理由から、バーキンとケリーは多くの女性たちの憧れとなっており、一つ持っているだけでスタイリッシュでエレガントな印象を与えることができます。

4.定価と価値の比較

handbags

バーキンとケリーの定価を比較すると、バーキンのほうが一般的に高価です。例えば、サイズ25のバーキンとケリーの定価を見ると、バーキンのほうがケリーよりも高いことがわかります。素材によっても価格に差があります。以下は、サイズ25のバーキンとケリーの定価の一部です。

トゴ・トリヨンクレマンス

  • バーキン25: 1,276,000円
  • ケリー25: 1,210,000円
  • 差額: 66,000円

エプソン・スイフト

  • バーキン25: 1,309,000円
  • ケリー25: 1,232,000円
  • 差額: 77,000円

これらの価格差は、バーキンには以下の3つの要因が関与しています。

  1. 需要が高いのに供給が少ない: バーキンは非常に人気があり、特に定番のサイズや素材は欠品や品薄状態が続くことがあります。一方、ケリーは需要と供給のバランスが比較的安定しています。

  2. 高品質な素材を使用している: バーキンは厳選された高品質な素材を使用して作られています。そのため、素材の特徴や品質の高さによって価格が上乗せされていることがあります。

  3. すべて職人の手作りである: バーキンはすべて職人の手作業で作られており、その製造工程には非常に時間と手間がかかります。この手作業による価値が価格に反映されていることがあります。

以上の要因により、バーキンの価格はケリーよりも高く設定されています。しかし、2023年の価格改定により、両者の価格差はほとんどなくなったり、素材やサイズによってはケリーがバーキンよりも高い場合もあります。また、2024年2月の価格改定により、さらなる価格の変動が予想されています。

バーキンとケリーの価格に加えて、それぞれのアイテムの資産価値も比較されます。現在はバーキンが比較的優位ですが、ケリーも人気が高まっており、将来的にはケリーもバーキンと同じような人気と資産価値を得る可能性があります。

次の節では、バーキンやケリーの入手方法やコツについて紹介します。

5.入手方法とコツ

fashion

エルメス直営店での入手方法とコツ

エルメスのバーキンやケリーを手に入れる方法の一つは、エルメスの直営店での入荷のタイミングを待つことです。しかし、エルメスのバッグは生産数が限られており、直営店でも入手するのは難しいです。

エルメスの直営店で購入する利点は、販売員との信頼関係を築くことができることです。バーキンやケリーの購入履歴を残すことで、常連客となり優先的に購入できる可能性も高まります。また、販売員とのコミュニケーションを通じて、好みのアイテムを提案してもらうこともあります。

以下に、エルメス直営店での入手方法とコツをまとめます。

  • 定期的にエルメスの直営店を訪れるか、販売員に入荷予定を確認することが重要です。
  • 同じ店舗に足を運ぶことで、販売員との関係を深めることができます。特定の店舗を重点的に訪れることをおすすめします。
  • 担当の販売員がいる場合は、販売員との信頼関係を築くことが重要です。販売員との関係が良ければ、優遇してもらえるかもしれません。

中古品を購入する方法とコツ

バーキンやケリーを手に入れる別の方法は、中古ブランド品店や中古品ECサイトを利用することです。こうした店舗では、入手困難なバーキンやケリーを比較的早く手に入れることができます。なぜなら、これらの店舗では中古品がそのまま販売されるからです。

以下に、中古品を購入する方法とコツをまとめます。

  • 人気のあるバッグは中古でも需要が高いため、定価を上回る価格がつくことがあります。予算を十分に見積もっておくことが重要です。
  • 信頼できる専門店やECサイトを選ぶことも大切です。品質や価格の面で注意しましょう。

入手方法のコツと注意点

バーキンやケリーを手に入れるためには、以下のコツや注意点を覚えておくと良いでしょう。

  • エルメスの直営店では入荷のタイミングをチェックし、販売員との関係を築くことが重要です。定期的に店舗を訪れるか、入荷予定を確認しましょう。
  • バーキンやケリーを購入する際には、販売員とのコミュニケーションが大切です。積極的に話しかけ、関係を深めましょう。
  • 中古品を購入する場合、信頼できる専門店やECサイトを選ぶことが重要です。品質や価格の面で注意して選びましょう。
  • バーキンやケリーの入手は困難なため、あきらめずに諦めずに継続することが大切です。エルパトなどの努力が必要ですが、根気強く取り組んでみましょう。

バーキンやケリーは入手困難な人気アイテムですが、上記の方法やコツを参考にして、購入の可能性を高めましょう。あきらめずに諦めずに努力すれば、手に入れることができるかもしれません。

まとめ

バーキンとケリーは、それぞれ独自の由来と歴史を持つエルメスのアイコニックなバッグです。人気の理由は、ブランドの魅力、洗練されたデザイン、優れた機能性、そして資産価値の高さにあります。入手するためには、エルメス直営店での購入や信頼できる中古品店の活用など、さまざまな方法やコツがあります。バーキンやケリーを手に入れるためには、根気強く努力を重ねることが重要です。これらのバッグは特別な憧れの品であり、そのうちの1つを手に入れることは、一生の思い出となるでしょう。

よくある質問

バーキンとケリーはどのように違うのですか?

バーキンとケリーは由来が異なり、サイズ展開、デザイン、内観、機能性などにも違いがあります。バーキンはジェーン・バーキンにちなんで名付けられ、ケリーはグレース・ケリー女王にちなんでいます。またバーキンはマチ幅が広く、ハンドルが2本付いているのに対し、ケリーはハンドルが1本で外側にポケットも付いています。さらに、ケリーにはショルダーストラップが付属しているバージョンがあるのに対し、バーキンにはショルダーストラップがありません。

なぜバーキンとケリーは人気なのですか?

バーキンとケリーが人気を集める理由は、エルメスというブランドの魅力、洗練されたデザイン、優れた機能性と収納力、そして資産価値のある投資品としての魅力などがあげられます。限定生産されるため希少性が高いこともその人気の一因となっています。

バーキンとケリーの定価はどのように比較されますか?

バーキンとケリーの定価を比較すると、通常バーキンのほうが高価になっています。その理由は、需要が高いにもかかわらず供給が少ないこと、高品質な素材を使用していること、すべて職人の手作りであることなどが関係しています。しかし、素材やサイズによっては、ケリーのほうが高い場合もあります。また、近年の価格改定により、両者の価格差はほとんどなくなってきています。

バーキンやケリーをどのように手に入れればいいですか?

バーキンやケリーを手に入れる方法としては、エルメスの直営店での購入や、信頼できる中古ブランド品店や中古品ECサイトでの購入があります。直営店では、販売員との良好な関係を築くことが重要です。中古品購入の場合は、品質と価格を慎重に確認する必要があります。いずれの方法でも、根気強く継続して探し続けることが大切です。

■神戸で今選ばれている人気ショップ

神戸元町に新しくオープンした大型リユースブランド店舗(YAMAISHI)では、ブランド品の買取と販売を行っています。
この店舗の魅力は「アイテムの状態が良さと、驚きの価格の安さ。」
正規店価格の約半額で購入可能なアイテムも多数あります!

また、他店に負けない高価買取を実現しています。

※詳細は下記バナーをタップしてください。

■ブランド品をお探しの方は上記をタップ

■ブランド品の買取をお考えの方は上記をタップ

■店舗情報

販売店名:YAMAISHI Reuse brand Showroom
買取店名:買取販売山石
住所:兵庫県神戸市中央区栄町通2丁目3ー1
営業時間:11:00~20:00迄 水曜日定休日
目印:南京町南門の目の前
   ドーミ-インの目の前

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

TOP